クレジットカードのリボ払いよりカードローンの方がお得な場合がある

 

キャッシング・カードローンを利用するよりは、クレジットカードの方が気軽、という方も多いのではないかと思います。
1回・2回払い専用として利用している場合であれば、特に問題ありませんが、リボ払いを選択されている場合には、カードローンで借入をして支払いをした方が金利が安くなる場合があります。

クレジットカードのリボ払い手数料はどのくらいなのか?

便利で月々の支払いを抑える事が出来る事からリボ払いを利用されている方も多いようですが、リボ払いで支払いをする場合には、当然ながら手数料という名の金利を支払う必要があります。

では、実際その手数料がどのくらいなのかを見てみましょう

  • JCBカード:実質年率 8.04~18.00%
    年会無料のクレジットカードの場合は、18.0%の場合が多い様です
  • オリコカード:実質年率 15.0%
  • ライフカード:実質年率 15.0%
  • ジャックスカード:実質年率 15.0%
  • 三井住友VISAカード:実質年率 15.0%

JCBカードが若干高めな設定になっていますが、概ね15.0%です。

三菱東京UFJ銀行カードローンなら最高でも14.6%

三菱東京UFJ銀行カードローンなら契約限度額にもよりますが、最高金利でも14.6%なので、クレジットカードのリボ払いより金利が安く済みますし、200万円の契約限度額なら金利はわずか8.1%で済みます。
※あくまで契約限度額なので実際に200万円を借りる必要はありません。

また、楽天銀行スーパーローンも最高金利でも14.5%なので、クレジットカードのリボ払いより金利は安くなります。

三菱東京UFJ銀行カードローンの限度額別金利

ご利用限度額 借入利率(年)
500万円 4.6%
400万円超~500万円未満 5.6%
300万円超~400万円以下 6.1%
250万円超~300万円以下 7.1%
200万円超~250万円以下 8.1%
150万円超~200万円以下 9.6%
100万円超~150万円以下 11.6%
50万円超~100万円以下 12.6%
10万円以上~50万円以下 14.6%

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket