銀行のカードローン・キャッシング

一昔前の銀行カードローンやキャッシングというと、窓口での申込が当たり前で、審査が慎重で時間が掛かる上に、その銀行に口座を持っていないと申し込めない等の成約が多く、安心感や金利面でのメリットはあっても使い勝手という点では今ひとつというイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

しかし、ここ最近銀行が相次いで投入している個人向けカードローンを見るとそういったマイナスとしてみられていたポイントを克服し、従来のメリットである「安心」「低金利」という部分をしっかり残しながら、「即日審査」「即日融資」を実現するなど、大きな変化を遂げており、キャッシングの比較サイトなどでも積極的に取り上げられるようになっています。

参考:http://e即日融資.com/

なぜ銀行のカードローンは審査に時間が掛かったのか?

最近では三菱東京UFJ銀行のカードローンも頻繁にTVCMを流すなど個人融資も積極的に行っていますが、以前はあまり個人融資に積極的ではなく、審査についてもかなり慎重というか時間が掛かっていました。
銀行の融資業務の対象は、住宅ローンを除けば殆どが企業向けであったこともあり、個人向け融資のノウハウ、審査のノウハウがなかった事や保証会社を使っていなかった事が大きな原因と言われています。

個人融資のノウハウがないから消極的で、審査のノウハウがないから時間がかかる、保証会社を使っていないから慎重に審査をせざる終えない…という状況だったのです。

なぜ銀行のカードローンは審査が速くなったのか?

前述の三菱東京UFJ銀行カードローンも審査に関して「最短30分」、オリックス銀行カードローンでも最短即時審査となっており、最近の銀行カードローンでは、即日審査、即日融資というかつての消費者金融なみのスピード感を実現しています。

では、なぜここまで銀行の個人融資がここまでレベルアップしたのでしょうか?

最も大きな要因は、改正貸金業法の施行に前後して多くの大手消費者金融が銀行グループの傘下に収まったことです。

これにより銀行は積極的に消費者金融の蓄積してきた個人向け融資のノウハウ、審査のノウハウを吸収することが出来るようになりました。

また、保証業務をグループ傘下の消費者金融や信販会社が担うようになり、これにより個人融資に対する銀行本体のリスクが大きく軽減された事も大きく影響しているのです。

基本的には保証会社がOKなら銀行はお金を貸す

保証会社とは、銀行など金融機関と提携して、提携先のローン債権を保証する業務を行っている会社のことですが、この保証業務を銀行傘下の消費者金融が担っていると言うことは審査において大きな意味を持っています。

今までは銀行独自の審査基準でしか融資が出来なかった所が、保証会社(消費者金融・信販会社)の基準に合えば、審査が通る可能性がかなり高くなりました。

前述の三菱東京UFJ銀行カードローンを例に取ってみれば保証会社はグループ傘下のアコムですから、アコムの保証基準にさえ合致していれば審査が通るということなのです。

また、これは三菱東京UFJ銀行に限った話ではなく、ジャパンネット銀行のネットキャッシングもSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)を、オリックス銀行カードローンもオリックス・クレジットをそれぞれ保証会社として使っています。

プロミスについて詳しく知りたい方はこちら

おまとめローンにも対応

オリックス銀行カードローンや楽天銀行スーパーローン等は、商品詳細ページで、他社からの借換えやおまとめローンについても言及しており、低金利な銀行カードローンへの借換え需要についても取り込んで行こうという積極的な姿勢が見て取れます。